HOME > 歌集> 万葉集 > 寒き夕へは 大和し思ほゆ ~ 志貴皇子(万葉集)

寒き夕へは 大和し思ほゆ ~ 志貴皇子(万葉集)

葦辺行く 鴨の羽がひに 霜降りて 寒き夕へは 大和し思ほゆ ~ 志貴皇子(万葉集)

口語訳「葦辺を泳いで行く鴨の背に霜が降って 寒い夕暮は 大和が思われる」

万葉集から、志貴皇子の和歌。


この古典名言に関連する名言・格言

最新の古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(古典の名言・格言 古典名言.com) |次の古典名言・格言:人には言ひて 妹待つ我を ~ 作者未詳(万葉集)