HOME > 歌集> 万葉集 > 身の若かへに さ寝し子らはも ~ 作者未詳(万葉集)

身の若かへに さ寝し子らはも ~ 作者未詳(万葉集)

射ゆ鹿を 認ぐ川辺の 和草の 身の若かへに さ寝し子らはも ~ 作者未詳(万葉集)

口語訳「弓で射られた鹿のあとを追って行く 川辺の柔らかい草 私は思い出す その草のように私が身も心も若かった頃 抱いた乙女を」

万葉集から、作者未詳の和歌。

草原の中での恋歌ですね。


この古典名言に関連する名言・格言

最新の古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(古典の名言・格言 古典名言.com) |次の古典名言・格言:古りにし里に 降らまくは後 ~ 天武天皇(万葉集)