HOME > 歌集> 万葉集 > 古りにし里に 降らまくは後 ~ 天武天皇(万葉集)

古りにし里に 降らまくは後 ~ 天武天皇(万葉集)

我が里に 大雪降れり 大原の 古りにし里に 降らまくは後 ~ 天武天皇(万葉集)

口語訳「おまえはうらやましがるだろうな 私の住む里には こんなに大雪が降ったぞ そちらの大原の古びた里に雪が降るのは しばらく先になるだろうからね」

万葉集から、天武天皇の和歌。

昔の人も雪の美しさには、虜になったんでしょうね。


この古典名言に関連する名言・格言

最新の古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(古典の名言・格言 古典名言.com) |次の古典名言・格言:来むとは待たじ  来じと言ふものを ~ 大伴坂上郎女(万葉集)