HOME > 歌集> 万葉集 > 勝野の原に この日暮れなば ~ 高市黒人(万葉集)

勝野の原に この日暮れなば ~ 高市黒人(万葉集)

いづくにか 我が宿りせむ 高島の 勝野の原に この日暮れなば ~ 高市黒人(万葉集)

口語訳「どこでわたしは宿ろうか。高島の勝野の原でこの日が暮れてしまったら。」

旅行中の短歌ですね。

旅人の心境が表現されています。


この古典名言に関連する名言・格言

最新の古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(古典の名言・格言 古典名言.com) |次の古典名言・格言:野守は見ずや 君が袖振る ~ 額田王(万葉集)