HOME > 歌集> 万葉集 > 漕ぎ去にし船の 跡なきごとし ~ 沙弥満誓(万葉集)

漕ぎ去にし船の 跡なきごとし ~ 沙弥満誓(万葉集)

世間を 何に喩へむ 朝開き 漕ぎ去にし船の 跡なきごとし ~ 沙弥満誓(万葉集)

口語訳「世の中を何にたとえたらいいだろうか それは 朝早く港を漕ぎ出て行った船の航跡が 何も残っていないようなものだ」

万葉集から、沙弥満誓の和歌。

『諸行無常』の心境を歌に表したのでしょうか。


この古典名言に関連する名言・格言

最新の古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(古典の名言・格言 古典名言.com) |次の古典名言・格言:あきづ島 大和の国は ~ 舒明天皇(万葉集)