HOME > 歌集> 万葉集 > 雲なたなびき 家のあたり見む ~ 作者不詳(万葉集)

雲なたなびき 家のあたり見む ~ 作者不詳(万葉集)

少女らが 放の髪を 木綿の山 雲なたなびき 家のあたり見む ~ 作者不詳(万葉集)

口語訳「少女たちがお下げ髪を結ぶ木綿の山に、雲よたなびくな。家のあたりを見よう。」

万葉集から、作者未詳の和歌。

少女たちの姿が、自然の風景と重なって描写されています。


この古典名言に関連する名言・格言

最新の古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(古典の名言・格言 古典名言.com) |次の古典名言・格言:色には出でじ 朝貌の花 ~ 作者不詳(万葉集)