HOME > 歌集> 万葉集 > 大宮人の 船待ちかねつ ~ 柿本人麻呂(万葉集)

大宮人の 船待ちかねつ ~ 柿本人麻呂(万葉集)

ささなみの 志賀の唐崎 幸くあれど 大宮人の 船待ちかねつ ~ 柿本人麻呂(万葉集)

口語訳「ささなみの志賀の唐崎はその名の通り変わらずあるのに、大宮人を乗せた船はいつまで待っても帰ってこない」

万葉集から、柿本人麻呂の和歌。

遣唐使の帰りを待つ柿本人麻呂の歌ですね。


この古典名言に関連する名言・格言

最新の古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(古典の名言・格言 古典名言.com) |次の古典名言・格言:つれづれわぶる人は、いかなる心ならむ ~ 吉田兼好(徒然草)