HOME > 歌集> 万葉集 > 駅馬下れり 里もとどろに ~ 大伴家持(万葉集)

駅馬下れり 里もとどろに ~ 大伴家持(万葉集)

左夫流児が 斎きし殿に 鈴掛けぬ 駅馬下れり 里もとどろに ~ 大伴家持(万葉集)

口語訳「左夫流児(さぶるこ)が 大切にしてかしづく御殿に、鈴もかけない早馬が都から下ってきた。里中とどろくばかりのすごい音で。」

万葉集から、大伴家持の和歌。

馬の足音が聞こえてきそうな迫力のある歌です。


この古典名言に関連する名言・格言

最新の古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(古典の名言・格言 古典名言.com) |次の古典名言・格言:飲む酒坏に 影に見えつつ ~ 作者不詳(万葉集)