HOME > 歌集> 万葉集 > かき数ふれば 七種の花 ~ 山上憶良(万葉集)

かき数ふれば 七種の花 ~ 山上憶良(万葉集)

秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花 ~ 山上憶良(万葉集)

口語訳「秋の野に咲いている花を指を折って数えると、7種類の花がある」

万葉集から、山上憶良の和歌。

7種類の花。

おそらく色とりどりの花でしょうね。


この古典名言に関連する名言・格言

最新の古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(古典の名言・格言 古典名言.com) |次の古典名言・格言:妹を求めむ 山道知らずも ~ 柿本人麻呂(万葉集)