HOME > 歌集> 万葉集 > いつへの方に 我が恋止まむ ~ 磐姫皇后(万葉集)

いつへの方に 我が恋止まむ ~ 磐姫皇后(万葉集)

秋の田の 穂の上に霧らふ 朝霞 いつへの方に 我が恋止まむ ~ 磐姫皇后(万葉集)

口語訳「秋の田の稲穂の上にぼうっとかかっている朝かすみがどこかに消え散るように、いつか私の恋心は霧散するのだろうか...。とても消えそうにない」

磐姫皇后が詠んだ恋歌。


この古典名言に関連する名言・格言

最新の古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(古典の名言・格言 古典名言.com) |次の古典名言・格言:潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな ~ 額田王(万葉集)