HOME > 歌集> 万葉集 > 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな ~ 額田王(万葉集)

潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな ~ 額田王(万葉集)

熟田津に 舟乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな ~ 額田王(万葉集)

口語訳「熟田津(にきたつ)で、船出しようとして月の出を待っていると、月も出てきた。幸い潮も満ちて来た。さあ、今こそ、こぎ出そう!」

万葉集から、額田王の和歌。

月の描写が上手なのもの昔の人の特長ですよね。

こうした情景への感受性が、現代人の弱い部分かもしれませんね。


この古典名言に関連する名言・格言

最新の古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(古典の名言・格言 古典名言.com) |次の古典名言・格言:磯の草根の 枯れまく惜しも ~ 河辺宮人(万葉集)