HOME > 歌集> 万葉集 > 掻上げ栲島 波の間ゆ見ゆ ~ 作者未詳(万葉集)

掻上げ栲島 波の間ゆ見ゆ ~ 作者未詳(万葉集)

娘子らが 織る機の上を ま櫛もち 掻上げ栲島 波の間ゆ見ゆ ~ 作者未詳(万葉集)

万葉集に収録されている作者未詳の和歌。

口語訳「おとめたちが布を織る織機の上の糸を、櫛(くし)を使って掻き上げ、「たく」(束ねる)という栲島が波の間から見える」

織物なども、この時代を印象づけるシチュエーションではありますよね。


この古典名言に関連する名言・格言

最新の古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(古典の名言・格言 古典名言.com) |次の古典名言・格言:我が子羽ぐくめ 天の鶴群 ~ 遣唐使の母(万葉集)