HOME > 歌集> 万葉集 > かへり見すれば 月傾きぬ ~ 柿本人麻呂(万葉集)

かへり見すれば 月傾きぬ ~ 柿本人麻呂(万葉集)

東の 野にかぎろひの 立つ見えて かへり見すれば 月傾きぬ ~ 柿本人麻呂(万葉集)

万葉集から、柿本人麻呂の和歌。

口語訳「東の野に陽炎の立つのが見えて、振り返って見ると月は西に傾いている」

月の情景。

現代よりも、もっともっときれいな月が夜空に浮かんでたでしょうね。


この古典名言に関連する名言・格言

最新の古典名言・格言

ページトップへ↑

TOP(古典の名言・格言 古典名言.com) |次の古典名言・格言:心は君に 寄りにしものを ~ 安倍女郎(万葉集)