古典の名言・格言 古典名言.com

Yahoo!にブックマーク livedoorにブックマーク Googleにブックマーク buzzurlにブックマーク del.icio.usに登録 はてなブックマークに登録 はてなブックマークの登録数

日本の古典の中から、名言・格言を集めました「古典名言.com」です。

日本には様々な素晴らしい古典があります。

物語では、源氏物語。随筆では、枕草子。歌集では、古今集。

こうした日本の素晴らしさを感じられる文章を名言・格言として集めたサイトが「古典名言.com」です。

岩根しまきて 死なましものを ~ 磐姫皇后(万葉集)

かくばかり 恋ひつつあらずは 高山の 岩根しまきて 死なましものを ~ 磐姫皇后...

ゆめこの花を 風にな散らし ~ 高橋虫麻呂(万葉集)

我が行きは 七日は過ぎじ 龍田彦 ゆめこの花を 風にな散らし ~ 高橋虫麻呂(万...

絶ゆることなく またかへり見む ~ 柿本人麻呂(万葉集)

見れど飽かぬ 吉野の川の 常滑の 絶ゆることなく またかへり見む ~ 柿本人麻呂...

明日さへ見まく 欲しき君かも ~ 橘文成(万葉集)

一昨日も 昨日も今日も 見つれども 明日さへ見まく 欲しき君かも ~ 橘文成(万...

優れる宝 子に及かめやも ~ 山上憶良(万葉集)

銀も 金も玉も なにせむに 優れる宝 子に及かめやも ~ 山上憶良(万葉集) 万...

富士の高嶺に 雪は降りける ~ 山部赤人(万葉集)

田子の浦ゆ うち出でて見れば ま白にそ 富士の高嶺に 雪は降りける ~ 山部赤人...

心は君に 寄りにしものを ~ 安倍女郎(万葉集)

今更に 何をか思はむ うちなびき 心は君に 寄りにしものを ~ 安倍女郎(万葉集...

かへり見すれば 月傾きぬ ~ 柿本人麻呂(万葉集)

東の 野にかぎろひの 立つ見えて かへり見すれば 月傾きぬ ~ 柿本人麻呂(万葉...

我が子羽ぐくめ 天の鶴群 ~ 遣唐使の母(万葉集)

旅人の 宿りせむ野に 霜降らば 我が子羽ぐくめ 天の鶴群 ~ 遣唐使の母(万葉集...

掻上げ栲島 波の間ゆ見ゆ ~ 作者未詳(万葉集)

娘子らが 織る機の上を ま櫛もち 掻上げ栲島 波の間ゆ見ゆ ~ 作者未詳(万葉集...

天のしぐれの 流れあふ見れば ~ 長田王(万葉集)

うらさぶる 心さまねし ひさかたの 天のしぐれの 流れあふ見れば ~ 長田王(万...

それその母も 我を待つらむそ ~ 山上憶良(万葉集)

憶良らは 今は罷らむ 子泣くらむ それその母も 我を待つらむそ ~ 山上憶良(万...

人をよく見ば 猿にかも似る ~ 大伴旅人(万葉集)

あな醜 賢しらをすと 酒飲まぬ 人をよく見ば 猿にかも似る ~ 大伴旅人(万葉集...

領巾振りしより 負へる山の名 ~ 作者未詳(万葉集)

遠つ人 松浦佐用姫 夫恋に 領巾振りしより 負へる山の名 ~ 作者未詳(万葉集)...

占正に告る 妹相寄らむと ~ 柿本人麻呂(万葉集)

言霊の 八十の衢に 夕占問ふ 占正に告る 妹相寄らむと ~ 柿本人麻呂(万葉集)...

今日のみ見てや 雲隠りなむ ~ 大津皇子(万葉集)

百伝ふ 磐余の池に 鳴く鴨を 今日のみ見てや 雲隠りなむ ~ 大津皇子(万葉集)...

磯の草根の 枯れまく惜しも ~ 河辺宮人(万葉集)

みつみつし 久米の若子が い触れけむ 磯の草根の 枯れまく惜しも ~ 河辺宮人(...

潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな ~ 額田王(万葉集)

熟田津に 舟乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな ~ 額田王(万葉...

いつへの方に 我が恋止まむ ~ 磐姫皇后(万葉集)

秋の田の 穂の上に霧らふ 朝霞 いつへの方に 我が恋止まむ ~ 磐姫皇后(万葉集...

思ひしことは 君にしありけり ~ 作者未詳(万葉集)

今日なれば 鼻の鼻ひし 眉かゆみ 思ひしことは 君にしありけり ~ 作者未詳(万...